女性のフィットネス水着はセパレートタイプがメリットが多くておすすめ

全身の筋肉を使う水泳は、ダイエットや健康、体力づくりにぴったりのスポーツです。フィットネスのためにプールに通おうとしている方や、すでにプールに通っていて水着選びにお悩みの方に、フィットネス水着の特徴や選び方のポイントについて紹介します。

さらに、フィットネス水着のなかでも「着脱しやすく、体型カバーにもいい」と人気のセパレートタイプについて、おすすめのポイントをまとめました。

機能性を重視したフィットネス水着

スポーツジムのプールで泳ぐ際には、フィットネス水着を着用するのが一般的です。ビーチでの海水浴やレジャー施設のプールのように、遊びが目的で通うわけではありませんから、着心地や水の抵抗の少なさなど、機能性を重視して水着を選ぶのがポイントです。

そもそも、ビキニや、フリルなどがついたデザインの凝ったおしゃれな水着は、運動するために作られているわけではありません。ですから、水の抵抗が大きく、泳ぐには不向きなものがほとんどです。フィットネスを行うには、フィットネス水着を着用するのが適しています。

フィットネス水着の特徴とは

フィットネス水着は運動する目的のために作られているので、身体に程よくフィットして、身体を動かしやすいことが大きな特徴になります。着心地のよいやわらかな素材が使われていることが多く、水の中で快適に泳げるように工夫した設計が施されています。

また、最近では機能性だけでなくデザイン性も重視されるようになり、おしゃれの面でも楽しめるようになってきました。好みのデザインの水着が見つかれば、フィットネスに取り組むモチベーションもぐっとアップしますよね。

フィットネス水着のうれしい機能

フィットネス水着には、快適に泳ぐためのさまざまなうれしい機能があります。まず大きな特徴が撥水加工です。生地に撥水加工が施されていることで、水中で生地が水分を含んで重くなることを抑えてくれる効果があり、軽量感がアップします。

また、速乾機能は、プールから上がったときに速く水着が乾くことで、身体を冷えから守ってくれる役割があります。ほかにも、塩素に対する耐久性の高い生地を使用した耐塩素性や、熱を閉じ込める保温機能、紫外線防止効果が期待できるUVカット素材など、女性にうれしい機能があり、さまざまに工夫されています。

フィットネス水着と競泳用水着との違い

競泳用水着は、大会出場などの競技を目的とするスイマーのための水着です。より早く泳ぐことを目的に、さまざまな素材や機能、タイプが開発されています。水への抵抗を少しでも抑えられるように、生地は薄く、身体にぴったりと強く密着するように作られています。

また、大会に出場するには、国際水泳連盟に承認された水着を着用する決まりになっています。国際水泳連盟に承認された水着には、国際水泳連盟のロゴ入りのラベルが付いています。フィットネス水着は、スポーツクラブやジムなどで水泳を楽しむための水着です。

競泳用水着に比べると生地は厚めで、適度なフィット感があり、着心地に配慮したものが多くあります。生地にはやわらかな伸縮性があり、着脱しやすいのも特徴です。水泳初心者の方や、ダイエットや健康のために水中ウォーキングやアクアビクスを始めたいという方には、フィットネス水着をおすすめします。

泳ぐことに慣れ、もっと本格的に早く泳ぎたいという場合や、大会出場を目指している、または出場することになったという場合、競泳用水着に変更するのがいいでしょう。

フィットネス水着の種類

フィットネス水着には大きく分けて3つのタイプがあります。まず1つはワンピースタイプです。しっかり泳ぎたいという方におすすめです。競泳用水着と同じような形で水の抵抗が少なく、泳ぐのに適したスタイルです。2つめはオールインワンタイプです。

本格的に泳ぎたいけど体型が気になるという方におすすめです。ワンピースタイプと同じような形ですが、スパッツのように太ももが隠れるようになっていて、腰回りや下半身をカバーしたいという方に適しています。3つめはセパレートタイプです。

トップスとパンツが分かれ、着脱がしやすく、肌の露出が抑えられているのが特徴です。水中でのウォーキングやアクアビクスに適しています。

関連記事:フィットネスジムで筋力アップ!腹筋を鍛える方法

初心者さんにおすすめのセパレートタイプのフィットネス水着

ソフトな着心地と着脱のしやすさで人気のセパレートタイプの水着は、水泳の初心者さんにもおすすめです。

程よいフィット感で身体のラインをカバーしてくれ、トイレに気軽に行けるのも便利です。また、セパレートタイプの人気に伴って、より細やかな配慮や工夫が施された水着が発売されています。たとえば、二の腕をカバーできる半袖タイプや、バストを美しくキープするホールド設計、着替えがより簡単な前開きのチャック、泳ぎやすさに配慮した伸縮性のある生地、おしゃれなデザインやカラーなど、女性にとってうれしい機能がたくさんあります。

さらに、プールでのフィットネスはもちろん、スタジオやジムでも着用できる洗練されたデザインのものもあり、水陸両用で着用できるというメリットもあります。やさしい肌触りの着心地のよさ、ボディラインを美しく見せるおしゃれでクールなデザインなど、自分の理想に合った水着を選ぶのも、楽しいひとときになりますよね。

身体にフィットするジャストサイズを選ぼう

身体に合ったジャストサイズを選ぶことはとても大切です。大きすぎる水着は水の抵抗が大きく、身体にまとわりついて運動の妨げになります。小さすぎる水着は窮屈で圧迫感があり、スムーズに身体を動かしにくくなります。

このように、大きすぎても小さすぎても快適ではありません。自分のサイズをきちんと把握するためにも、購入前に試着をするようにしましょう。また、素材やメーカーによって同じサイズでもフィット感が異なる場合があるので、どのような場合でも試着することをおすすめします。

セパレートタイプのフィットネス水着の着用のコツ

トップスであるタンクトップの脇の下を持ち、脚を入れ、腰まで引き上げます。そのままタンクトップを胸まで上げ、バストとカップの位置を合わせます。つぎに、肩のストラップに片手ずつ腕を通します。少し前屈みになって、パストとカップの位置を再び整えます。

トップスを着たら、スパッツを履いてヒップを整えます。最後に、スパッツの裾を整えます。このとき、スパッツの裾に隙間ができていたり、タンクトップのお腹部分にしわが寄っていたり、ファスナーがある場合にファスナーが大きく波打っていたりすると、サイズが大きすぎるサインです。

快適なフィットネスを楽しむためにも、細部をチェックして、自分に合ったサイズの水着を選びましょう。